公務員試験情報  公務員試験情報を提供します。休んでましたが再開します。
06≪ 2009| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
試験によく出る憲法判例1 法の下の平等1
今日から不定期ですが,公務員試験によく出題される憲法判例を
解説していきたいと思います。

まずは法の下の平等に関する判例からです。

1 尊属殺人罪の合憲性
 ◆ 問題の所在
  ・刑法199条(事件当時)…普通殺人罪
    人を殺した者は,死刑または無期もしくは3年以上の懲役
    ※現在は,死刑または無期もしくは5年以上の懲役に改正されています
  ・刑法200条(事件当時)…尊属殺人罪
    自己または配偶者の直系尊属を殺した者は,死刑または無期懲役
     ※ 尊属…自分より上の世代の親族 例 親,祖父母
    ↓
  ・被害者が他人
   →死刑または無期もしくは3年以上の懲役
  ・被害者が親
   →死刑または無期懲役
  →不合理な差別ではないか?
 ◆ 判決のポイント
  ☆ 尊属殺人罪の立法目的
   尊属に対する尊重報恩という普遍的倫理の維持
   →合理性あり
  ☆ 目的達成手段
   死刑または無期懲役
   →著しく不合理
  ☆ 結 論
   尊属殺人罪は法の下の平等に反し違憲
 ◆ 判決文
  ☆ 尊属殺人罪の立法目的
   刑法200条の立法目的は,
   尊属を卑属またはその配偶者が殺害することをもつて
   一般に高度の社会的道義的非難に値するものとし,
   かかる所為を通常の殺人の場合より厳重に処罰し,
   もつて特に強くこれを禁圧しようとするにあるものと解される。
   ところで,およそ,親族は,婚姻と血縁とを主たる基盤とし,
   互いに自然的な敬愛と親密の情によつて結ばれていると同時に,
   その間おのずから長幼の別や責任の分担に伴う一定の秩序が存し,
   通常,卑属は父母,祖父母等の直系尊属により養育されて成人するのみならず,
   尊属は,社会的にも卑属の所為につき法律上,道義上の責任を負うのであつて,
   尊属に対する尊重報恩は,社会生活上の基本的道義というべく,
   このような自然的情愛ないし普遍的倫理の維持は,
   刑法上の保護に値するものといわなければならない。
   しかるに,自己または配偶者の直系尊属を殺害するがごとき行為は
   かかる結合の破壊であつて,それ自体人倫の大本に反し,
   かかる行為をあえてした者の背倫理性は特に重い非難に値するということができる。
   このような点を考えれば,尊属の殺害は通常の殺人に比して
   一般に高度の社会的道義的非難を受けて然るべきであるとして,
   このことをその処罰に反映させても,あながち不合理であるとはいえない。
   そこで,被害者が尊属であることを犯情のひとつとして
   具体的事件の量刑上重視することは許されるものであるのみならず,
   さらに進んでこのことを類型化し,法律上,刑の加重要件とする規定を設けても,
   かかる差別的取扱いをもつて
   ただちに合理的な根拠を欠くものと断ずることはできず,
   したがつてまた,憲法14条1項に違反するということもできない
ものと解する。
  ☆ 目的達成手段
   普通殺のほかに尊属殺という特別の罪を設け,その刑を加重すること自体は
   ただちに違憲であるとはいえないのであるが,
   しかしながら,刑罰加重の程度いかんによつては,
   かかる差別の合理性を否定すべき場合がないとはいえない。
   すなわち,加重の程度が極端であつて,
   前示のごとき立法目的達成の手段として甚だしく均衡を失し,
   これを正当化しうべき根拠を見出しえないときは,
   その差別は著しく不合理なものといわなければならず,
   かかる規定は憲法14条1項に違反して無効であるとしなければならない。
   この観点から刑法200条をみるに,
   同条の法定刑は死刑および無期懲役刑のみであり,
   普通殺人罪に関する同法199条の法定刑が,
   死刑,無期懲役刑のほか3年以上の有期懲役刑となつているのと比較して,
   刑種選択の範囲が極めて重い刑に限られていることは明らかである。
   もつとも,現行刑法にはいくつかの減軽規定が存し,
   これによつて法定刑を修正しうるのであるが,
   現行法上許される2回の減軽を加えても,
   尊属殺につき有罪とされた卑属に対して刑を言い渡すべきときには,
   処断刑の下限は懲役3年6月を下ることがなく,その結果として,
   いかに酌量すべき情状があろうとも
   法律上刑の執行を猶予することはできないのであり,
   普通殺の場合とは著しい対照をなすものといわなければならない。
   もとより,卑属が,責むべきところのない尊属を故なく殺害するがごときは
   厳重に処罰すべく,いささかも仮借すべきではないが,
   かかる場合でも普通殺人罪の規定の適用によつて
   その目的を達することは不可能ではない。
   その反面,尊属でありながら卑属に対して非道の行為に出で,
   ついには卑属をして尊属を殺害する事態に立ち至らしめる事例も見られ,
   かかる場合,卑属の行為は必ずしも現行法の定める
   尊属殺の重刑をもつて臨むほどの峻厳な非難には
   値しないものということができる。
   このようにみてくると,尊属殺の法定刑は,
   それが死刑または無期懲役刑に限られている点

   (現行刑法上,これは外患誘致罪を除いて最も重いものである。)
   においてあまりにも厳しいものというべく,
   上記のごとき立法目的,すなわち,
   尊属に対する敬愛や報恩という
   自然的情愛ないし普遍的倫理の維持尊重の観点のみをもつてしては,
   これにつき十分納得すべき説明がつきかねるところであり,
   合理的根拠に基づく差別的取扱いとして正当化することはとうていできない
。 
  ☆ 結 論
   刑法200条は,尊属殺の法定刑を
   死刑または無期懲役刑のみに限つている点において,
   その立法目的達成のため必要な限度を遥かに超え,
   普通殺に関する刑法199条の法定刑に比し
   著しく不合理な差別的取扱いをするものと認められ,
   憲法14条1項に違反して無効
であるとしなければならず,
   したがつて,尊属殺にも刑法199条を適用するのほかはない。
スポンサーサイト
2009'07'26(Sun)00:25 [ 試験勉強 ] CM0. TB0 . TOP ▲
これから受験できる公務員試験
まだこれから受験できる神奈川県内の公務員試験がありますので,
それを紹介したいと思います。

1 寒川町職員採用試験
 ◆ 募集職種
  事務,技術(土木),消防
 ◆ 1次試験日
  9月20日(日)
 ◆ 申込期間
  8月10日(月)~14日(金)
 ◆ 詳 細
  寒川町のHP

2 三浦市職員採用試験
  ◆ 募集職種 
   一般行政
  ◆ 1次試験日
   9月20日(日)
  ◆ 申込期間
   8月3日(月)~8月21日(金)
  ◆ 詳 細
   三浦市のHP

3 愛川町職員採用試験
 ◆ 募集職種
  一般事務
 ◆ 1次試験日
  9月20日(日)
 ◆ 申込期間
  8月9日(日)~11日(火)
 ◆ 詳 細
  愛川町のHP

4 大井町職員採用試験
 ◆ 募集職種
  事務,土木
 ◆ 1次試験日
  9月4日(金)
 ◆ 申込期間
  7月30日(木)・31日(金)
 ◆ 詳 細
  大井町のHP

5 神奈川県職員採用試験
 ◆ 募集職種
  水質検査員(化学職)
 ◆ 1次試験日
  9月20日(日)
 ◆ 申込期間
  8月3日(月)~8月24日(月)
 ◆ 詳 細
  神奈川県のHP

6 神奈川県警察職員採用試験
 ◆ 募集職種
  建築
 ◆ 1次試験日
  9月27日(日)
 ◆ 申込期間
  8月3日(月)~9月4日(金)
 ◆ 詳 細
  神奈川県警のHP

7 神奈川県警科学捜査研究所職員採用選考
 ◆ 募集職種
  生物科学,化学,機械工学,文書鑑定,心理
 ◆ 1次選考日
  9月20日(日)
 ◆ 申込期間
  7月1日(水)~7月31日(金)
 ◆ 詳 細
  神奈川県警のHP

これら以外にも,たとえば横須賀市は10月に採用試験の実施を予定しています。
そうした10月実施採用試験情報なども随時お知らせしていく予定です。
2009'07'15(Wed)22:30 [ 試験情報 ] CM1. TB0 . TOP ▲
面接がうまくいかない人へ
面接試験が佳境に入ってきましたが、
そうした中、面接がなかなかうまくいかないという人も多いと思います。
面接がうまくいかない人に共通していることは、
アピール力が足りないという点です。
面接がうまくいかない人は、
質問に対する回答をただ準備するということが多いです。
しかしそういう受身な姿勢ではアピールできません。
面接は自分をアピールする場なのですから、
質問に対する回答の中で、
自分の何をアピールするのかを考えることが重要です。

一つ一つの回答の中で自分のアピールポイントを明確にする
これを意識するだけでも面接の評価が大分変わってくるはずですので、
ぜひ考え直してみてください。
2009'07'13(Mon)12:38 [ 公務員試験ガイダンス ] CM0. TB0 . TOP ▲
国家Ⅱ種試験の採点について
このブログでも何度か取り上げている行政法での出題ミスの問題ですが,
7月6日に人事院が1次試験の得点について次のように発表しました。

1 行政法選択者の専門試験の得点(粗点)
 行政法の№19の問題を採点対象外として,№16,№17,№18,№20の
4つの問題の正解数に1.25を乗じ,小数第2位で四捨五入した値を
行政法における粗点とし,他の選択科目の正解数と合計したものを
行政法選択者の専門試験の粗点とする。
 つまりこういうことです。
 4問正解…4×1.25=5.0
 3問正解…3×1.25=3.75→3.8
 2問正解…2×1.25=2.5
 1問正解…1×1.25=1.25→1.3

 さらに,つぎのような措置もとられました。

2 行政区分の基準点および1次試験合格点
 行政区分の専門試験の基準点を1点引き下げる。
 また専門試験の1題に相当する得点分合格点を引き下げる。 
 これにより,行政区分の1次試験合格者は増加する。

これで今回の出題ミスの問題は一応決着したわけです。

ただ今度は再発防止策を考える必要があるのですが,
この点に関して人事院から何らかの見解は発表されるのですかねえ?
2009'07'10(Fri)00:09 [ 試験情報 ] CM0. TB0 . TOP ▲
志望動機を見直そう
今私は模擬面接の面接官を担当しているのですが,
その模擬面接を通じて感じたのは,
受験生の皆さんの面接の準備が十分でない,
特に志望動機の準備が十分でないということです。

たとえば東京都の志望動機ですが,
私が担当した東京都の受験生の全員がほぼ同じ回答をしました。
それは東京は日本の首都であるので影響力が強く,
東京都が先進的な取組みを行うことで,
地方をひいては日本を変えることができる点に魅力を感じたというものでした。
全員同じことを言うということは,
そのような志望動機は誰でも言えるということであり,
したがって受験生個人のアピールにはまったくならないということです。

面接官の側からすれば,
同じことを何度も何度も聞かされることになるわけで,
これは面接官をかなりイラっとさせることになります。
つまり受験生の低評価につながります。

ではどうすれば志望動機で自分をアピールできるかですが,
それは自分にしか言えない志望動機を述べることです。
自分にしか言えない志望動機とは何かといえば,
それは自分の経験に基づいた志望動機です。
自分の経験は自分にしかないわけですから,
他人がそれを述べることは当然できません。
ですので自分のこれまでの経験に基づいて,
自分が受験する自治体の魅力を語るように準備をして下さい。

「自治体の魅力を自分の言葉で説明できるか」が,
面接,特に志望動機においては重要ですので,
この点を意識して,ぜひ志望動機を見直してみてください。
なお,「自治体の魅力を自分の言葉で説明できるか」が大事だというのは,
私が勝手に言っているというわけではなく,
ある自治体の採用担当者が述べたことでもあります。

ちなみに今後私が担当する模擬面接の日程と場所は以下の通りです。
(変更される可能性もあります)
7月 1日(水) 横浜 9:40~13:50
7月 2日(木) 横浜 9:40~16:10
7月 7日(火) 横浜 9:40~17:30
7月 9日(木) 池袋 9:40~17:30
7月13日(月) 渋谷 9:40~21:10
7月14日(火) 横浜 9:40~17:30
横浜本校を中心に担当する予定ですので,ご参考まで。
2009'07'01(Wed)00:52 [ 面接対策 ] CM1. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。