公務員試験情報  公務員試験情報を提供します。休んでましたが再開します。
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
国家Ⅱ種試験で出題ミス?!
昨日国家Ⅱ種試験が実施されました。
受験した方々はお疲れさまでした。
さてその試験の解答ですが,
本来なら今日人事院のホームページで発表されるのですが、
教養試験や物理・土木などの他の職種の解答は発表されているのですが、
いまだに行政職の専門試験の解答のみ発表されていません。
その原因として出題ミスが考えられます。
具体的には専門択一の№19の問題にミスがあると思いますので、
この問題についてコメントしたいと思います。

さて№19は行政法の以下のような問題でした。

民衆訴訟及び機関訴訟に関するア~オの記述のうち,妥当なもののみをすべて
挙げているのはどれか。
ア 民衆訴訟は,個人の権利利益の救済のためではなく,国又は公共団体の機関の
法規に適合しない行為の是正を求めるために提起される訴訟であり,法律上の制限なく
誰でも訴えを提起することができる。
イ 機関訴訟は,国又は公共団体の機関相互間における権限の存否又はその行使に
関する紛争についての訴訟であり,法律に特別に定められた場合において,
法律に定められた者のみが訴えを提起することができる。
ウ 住民訴訟の対象となるのは,不当な公金の支出や財産の管理を怠る事実などの
地方公共団体の財務会計上の行為又は財務に関する怠る事実であり,当該行為又は
事実に関する住民監査請求を経た後でなければ,住民訴訟を提起することができない。
エ 住民訴訟に際しては,地方公共団体に代位して,地方公共団体の被った損害・損失
の補てんのために,地方公共団体に損害・損失を与えた職員又は相手方に対して,
損害賠償又は不当利得返還を求める訴訟を提起することができる。
オ 地方公共団体の長は,国の関与について不服がある場合には,
国地方紛争処理委員会に審査を申し出ることができるが,当該審査の結果に不服があった
場合でも,裁判所に,国の関与の取消し又は国の不作為の違法の確認を求める訴えを
提起することができない。
1 ア,エ
2 ア,オ
3 イ,ウ
4 イ,オ
5 ウ,エ

各記述の正誤は以下のようになります。
ア 誤
民衆訴訟は,法律で特に認められた場合しか提起できません。
イ 正
機関訴訟は,機関相互間の訴訟であり,法律で特に認められた場合しか
提起できません。
ウ 誤←これが一番問題
住民訴訟の対象は,「違法」な公金支出であり「不当」な公金支出ではありません
(地方自治法242条の2第1項)。
住民監査請求であれば,「違法」な公金支出だけでなく,
「不当」な公金支出も対象になるのですけどね(地方自治法242条1項)。
エ 誤
住民訴訟は,住民が地方公共団体に代位して損害賠償請求するのではなく,
地方公共団体の執行機関または職員に対して,
違法な公金支出を行った者へ損害賠償を請求するよう求めるという訴訟です。
(地方自治法242条の2第1項4号)
オ 誤
国地方紛争処理委員会の審査結果に不服がある場合,
地方公共団体の長は,裁判所に対して,違法な国の関与の取消しまたは
国の不作為の違法の確認を求めることができます
(地方自治法251条の5第1項)。

というわけで正しい記述がイしかなく,
なんと正解がないのです!
おそらく出題者はウを正解にしようと思ったのでしょうが,
前述のようにウは間違いなのです。

かねてより国家Ⅱ種試験の問題は,
あまり適切とはいえないものが多かったのですが,
今回はそれが最も極端な形で表れてしまったわけです。
(難易度を単純に比較するなら,国家Ⅰ種試験の方がやさしいです。)
今後は,試験問題の作成について,
従来のように内輪で行うのではなく,
国家Ⅰ種のように大学教授などの専門家を試験委員に加えるといった
工夫をすべきであろうと思います。

それよりも成績処理をどのようにするのでしょう?
単純に№19を全員正解にしてしまいますと,
行政法選択者と非選択者の間で不公平が生じます。
これはかなり難しい問題だと思います。
(だからこそ今になっても正解を公表できないのでしょうが)。
数千人の人生を左右する問題ですので,
慎重な対応が必要であろうと思います。
スポンサーサイト
2009'06'22(Mon)21:50 [ 試験情報 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://hibinozakkan.blog87.fc2.com/tb.php/65-c96e1a15
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。