公務員試験情報  公務員試験情報を提供します。休んでましたが再開します。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
空知太神社事件最高裁判決
砂川市が市有地を空知太(そらちぶと)神社の敷地として無償で使用させていることが,
憲法の定める政教分離原則に違反するかが問題となった事件で,
最高裁は当該行為を違憲と判断しました(最大判平22.1.20)。

最高裁は以下のように述べています。
① 憲法89条の趣旨について
憲法89条は,公の財産を宗教上の組織又は団体の使用,便益若しくは維持のため,
その利用に供してはならない旨を定めている。
その趣旨は,国家が宗教的に中立であることを要求するいわゆる政教分離の原則を,
公の財産の利用提供等の財政的な側面において徹底させるところにあり,
これによって,憲法20条1項後段の規定する宗教団体に対する特権の付与の禁止を財政的側面からも確保し,
信教の自由の保障を一層確実なものにしようとしたものである。

※要約すれば,憲法89条は政教分離原則を財政的側面において徹底することで,
信教の自由の保障を一層確実なものにする趣旨だとしています。
通説に従った見解だといえます。

② 憲法89条の適用
しかし,国家と宗教とのかかわり合いには種々の形態があり,
およそ国又は地方公共団体が宗教との一切の関係を持つことが許されないというものではなく,
憲法89条も,公の財産の利用提供等における宗教とのかかわり合いが,
我が国の社会的,文化的諸条件に照らし,
信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で
相当とされる限度を超えるものと認められる場合に,
これを許さないとするものと解される。

※憲法89条も国と宗教との関係を一切認めないとする趣旨ではなく,
国と宗教とのかかわり合いが日本の社会的,文化的諸条件に照らし,
信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で
相当とされる限度を超えるような公の財産の利用提供等を許さないものだとしています。
津地鎮祭事件判決以来の判例の態度を踏襲しています。

③ 国公有地を無償で宗教的施設の敷地として使用させることの憲法適合性の判断基準
国公有地が無償で宗教的施設の敷地としての用に供されているといっても,
当該施設の性格や来歴,無償提供に至る経緯,利用の態様等には
様々なものがあり得ることが容易に想定されるところである。
例えば,一般的には宗教的施設としての性格を有する施設であっても,
同時に歴史的,文化財的な建造物として保護の対象となるものであったり,
観光資源,国際親善,地域の親睦の場などといった他の意義を有していたりすることも少なくなく,
それらの文化的あるいは社会的な価値や意義に着目して
当該施設が国公有地に設置されている場合もあり得よう。

※つまり最高裁は,国公有地を無償で宗教的施設の敷地として使用させることが,
直ちに憲法89条に違反するはしていません。
最高裁が例としてあげているように,
文化財保護や観光資源などといった宗教的意義とは別の意義(世俗的意義)を持っている場合には,
憲法89条に違反しないとしています。

我が国においては,明治初期以来,一定の社寺領を国等に上知(上地)させ,
官有地に編入し,又は寄附により受け入れるなどの施策が広く採られたこともあって,
国公有地が無償で社寺等の敷地として供される事例が多数生じた。
このような事例については,戦後,国有地につき
「社寺等に無償で貸し付けてある国有財産の処分に関する法律」・・・が公布され,
公有地についても同法と同様に譲与等の処分をすべきものとする内務文部次官通牒が発出された上,
これらによる譲与の申請期間が経過した後も,譲与,売払い,
貸付け等の措置が講じられてきたが,それにもかかわらず,現在に至っても,
なおそのような措置を講ずることができないまま社寺等の敷地となっている
国公有地が相当数残存していることがうかがわれるところである。
これらの事情のいかんは,当該利用提供行為が,
一般人の目から見て特定の宗教に対する援助等と評価されるか否かに影響するものと考えられるから,
政教分離原則との関係を考えるに当たっても,
重要な考慮要素とされるべきものといえよう。

※ 日本では戦前社寺の敷地が国公有地に編入されてきました。
戦後にそうした社寺の敷地は法律によって譲与などがなされたのですが,
現在でも譲与されないまま国公有地のままになっているものがたくさん存在しています。
こうしたことは国公有地の無償提供に対する一般人の評価に影響するので,
重要な考慮要素となるとしています。

国公有地が無償で宗教的施設の敷地としての用に供されている状態が,
前記の見地から,信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で
相当とされる限度を超えて憲法89条に違反するか否かを判断するに当たっては,
当該宗教的施設の性格,当該土地が無償で当該施設の敷地としての用に供されるに至った経緯,
当該無償提供の態様,これらに対する一般人の評価等,諸般の事情を考慮し,
社会通念に照らして総合的に判断すべきものと解するのが相当である。

※ そうした特殊な事情がありますので,最高裁は,
国公有地を無償で宗教的施設の使用させることが憲法89条に違反すかどうかを判断するにあたっては,
「当該宗教的施設の性格,当該土地が無償で当該施設の敷地としての用に供されるに至った経緯,
当該無償提供の態様,これらに対する一般人の評価等,諸般の事情を考慮し,
社会通念に照らして総合的に判断すべき」としました。
この点は従来の判例よりも踏み込んだ判断をしました。
もっともこの点は前述したように
戦前における社寺の敷地の公有地への編入という特殊な事情を前提にしていますので,
政教分離原則一般の議論とすることはできないでしょう。

④ 空地太神社の敷地として無償で使用させることの憲法適合性
前記事実関係等によれば,本件鳥居,地神宮,「神社」と表示された会館入口から祠に至る本件神社物件は,
一体として神道の神社施設に当たるものと見るほかはない。
また,本件神社において行われている諸行事は,
地域の伝統的行事として親睦などの意義を有するとしても,
神道の方式にのっとって行われているその態様にかんがみると,
宗教的な意義の希薄な,単なる世俗的行事にすぎないということはできない。
このように,本件神社物件は,神社神道のための施設であり,
その行事も,このような施設の性格に沿って宗教的行事として行われているものということができる。
本件神社物件を管理し,上記のような祭事を行っているのは,
本件利用提供行為の直接の相手方である本件町内会ではなく,本件氏子集団である。
本件氏子集団は,前記のとおり,町内会に包摂される団体ではあるものの,
町内会とは別に社会的に実在しているものと認められる。
そして,この氏子集団は,宗教的行事等を行うことを主たる目的としている宗教団体であって,
寄附を集めて本件神社の祭事を行っており,
憲法89条にいう「宗教上の組織若しくは団体」に当たるものと解される。
しかし,本件氏子集団は,祭事に伴う建物使用の対価を町内会に支払うほかは,
本件神社物件の設置に通常必要とされる対価を何ら支払うことなく,
その設置に伴う便益を享受している。
すなわち,本件利用提供行為は,その直接の効果として,
氏子集団が神社を利用した宗教的活動を行うことを容易にしているものということができる。
そうすると,本件利用提供行為は,市が,
何らの対価を得ることなく本件各土地上に宗教的施設を設置させ,
本件氏子集団においてこれを利用して宗教的活動を行うことを容易にさせているものといわざるを得ず,
一般人の目から見て,市が特定の宗教に対して特別の便益を提供し,
これを援助していると評価されてもやむを得ないものである。

※ 長くなりましたので要約しますと,
空地太神社は神道の神社施設であり,
そこで行われている諸行事も神道に基づく宗教的行事である。
市が市有地を使用させている氏子集団も宗教団体である。
その氏子集団に市が市有地を無償で使用させることは,
氏子集団が市有地に宗教施設を設置し,これを利用して宗教的活動を行うことを容易にしているので,
一般人の目からしても,これは市が特定の宗教を援助していると評価されるとしたのです。

⑤ 結 論
以上のような事情を考慮し,社会通念に照らして総合的に判断すると,
本件利用提供行為は,市と本件神社ないし神道とのかかわり合いが,
我が国の社会的,文化的諸条件に照らし,信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で
相当とされる限度を超えるものとして,
憲法89条の禁止する公の財産の利用提供に当たり,
ひいては憲法20条1項後段の禁止する宗教団体に対する特権の付与にも該当する
と解するのが相当である。

※ 以上のことを考慮した結果,最高裁は
砂川市が市有地を空地太神社の敷地として無償で使用させていることは,
憲法89条に違反し,さらに憲法20条1項後段の禁止する宗教団体に対する特権付与にも該当する
と判断しました。

※ ただし,原告は砂川市が神社施設の撤去などを行わないことの違法性の確認を求めていましたが,
この点について最高裁は,
違憲状態の是正手段は神社施設の撤去以外にも,
市有地の譲与などの手段があるたため,
市が神社施設の撤去を行わないことが直ちに違法とはいえないとしました。
このためこの点について下級審は適切に審理していないとして,
事件を下級審に審理のやりなおしを命じました。

※ この事件とは別に砂川市が富平神社の敷地として使用されている市有地を,
富平町内会に無償で譲与したことが政教分離原則に違反するかが問題となりました。
この点について最高裁は,
なお,本件譲与は政教分離原則違反を解消するために行われたものであるから,
憲法20条・89条に違反しないと判断しました(最大判平22.1.20)。

※ 試験対策的には特に東京都の時事問題で出題される可能性が高いと思われますので,
ぜひ勉強しておきましょう。
スポンサーサイト
2010'01'24(Sun)14:59 [ 試験勉強 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://hibinozakkan.blog87.fc2.com/tb.php/77-876b91f7
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。