公務員試験情報  公務員試験情報を提供します。休んでましたが再開します。
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
神奈川県職員採用試験の申込者は微増
平成21年度の神奈川県職員採用試験の申込者(Ⅰ種行政)は、
前年度より約8.6%増の1951人(前年度は1796人)と微増です。
実際の受験者は昨年度は申込者の約6割でしたので、
今年の受験者は1100名程度になると思われます。
ただ今年は昨年より採用予定者数が少ない107名(昨年度は153名)ですので、
最終合格者数も140名程度(昨年度は198名)になると予想されます。
そうすると競争倍率は約8倍で、昨年度の競争倍率が約5.2倍ですので、
若干競争率は高くなると予想されます。
ただこの程度であれば合格最低点はほとんど変わらないと思われますので、
焦る必要はまったくありません。
これまで勉強してきたことをしっかり復習しましょう。
2009'06'17(Wed)23:25 [ 試験情報 ] CM0. TB0 . TOP ▲
横浜市職員採用試験申込者は昨年より3割増加
今年度の横浜市職員採用試験の申込者数(事務系)は3238人で、
昨年よりも約3割以上増加しました(昨年度申込者数は2414人)。
ただし、例年実際に受験するのは全申込者の約8割ですので、
今年度は2500人位が受験すると予想されます。
最終合格者数が昨年と同じ(343人)と仮定するなら、
競争倍率は約7倍となります。
昨年度の競争倍率が約5.6倍ですので、
若干競争倍率が高まったとはいえますが、
心配するほどのことではないです。
試験まで残りわずかですが、
社会事情や時事問題をしっかりと勉強して試験に臨みましょう。
2009'06'17(Wed)00:34 [ 試験情報 ] CM0. TB0 . TOP ▲
茅ヶ崎市の職員採用試験の倍率が109倍
茅ヶ崎市の職員採用試験(平成21年10月採用)の倍率が、
なんと109倍にもなりました。
募集人数が7名なのに対して、申込者数は762名。
前年の募集人数が20名に対して、申込者数は489名で倍率が24.5倍でしたから,
申込者は前年より55%の増加、倍率は4倍以上も上がったことになります。

不況により公務員人気が高まったのはもちろんですが、
茅ヶ崎市は他の公務員試験で出題される教養・専門試験がなく、
試験勉強なしに受験できるので、このような競争率になったのでしょう。
2009'06'17(Wed)00:21 [ 試験情報 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。